〇事業概要〇
京阪電鉄中書島駅前に臨時観光案内所を設置し、観光客に対し、地域の春イベントと観光名所、名産品などを紹介。

〇ご依頼主〇
自主事業

〇事業の背景〇

伏見桃山の観光業振興は地域の長年の悲願なのですが、地域に観光案内所らしきものがありません。本来は行政がやることなのかもしれませんが、京都市の観光行政は伏見区にはあまり目を向けてくれないので(最近はだいぶ変わってきました)、平成27年春、行政に先駆けて弊社が臨時で中書島駅前に臨時で2日間だけ観光案内所を設置しました。小一時間で伏見を歩いてめぐるミニツアーも実施しました。実施にあたっては京阪電鉄様と伏見酒造組合様にご協力いただき、運営のための予算はプレゼンテーションを経て、京都市の補助金を活用しました。

中書島駅前臨時観光案内所〇担当者のコメント〇
春の観光シーズンに実施したこともあり、「長建寺はどこ?」「桜まつりの会場は?」「鳥せいは?」など多くの観光客の方から道を尋ねられました。

関連記事

「厳選!2時間さんぽ道」番組づくり協力

龍馬館事業

納屋町商店街 多言語HP制作プロジェクト

田んぼと酒蔵のあるまちづくり事業 16/17

伏見文化体験ツアー事業

京都ちーたび 体験型まち歩き・まちカフェ事業

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です