〇事業概要〇
増加しつつある外国人観光客を商店街に呼び寄せるべく、商店街の紹介ホームページを英語、中国語、タイ語の3言語で制作しました。http://kyoto-nayamachi.com/

〇ご依頼主〇
商店街振興組合

〇弊社の担当業務〇
取材、執筆
翻訳
ホームページ構築
検索エンジン広告

〇予算規模〇
約40万円

〇担当者のコメント〇
ご依頼主と相談のうえ、英語、中国語は外せないとして、3つ目の言語としてタイ語を選びました。その理由は韓国語は他の多くの店舗でも対応しており競争力を持たないが、タイ語のホームページを持つお店はおそらく京都中を探しても少ないであろうこと、そして昨今タイ人の年間訪問者数が100万人を超え今後も増え続けるであろうと判断してのことでした。費用と納期が限られていたので、将来記事が増えていくことを見越して拡張性の高いワードプレスをベースとして構築しました。

関連記事

伏見港まつり

臨時観光案内所の設置

龍馬館事業

ゆるキャラ運用事業

なやまちかわら版出版事業

伏見ランチマップづくり

コメント

コメントを返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です